会社の辞め方

ヘッドハンティングされた後の上手な会社の辞め方

ヘッドハンティングとは「他社から自社へ優秀な人材を引き抜く」ということ。
わざわざ今いる会社を辞めてまで来てもらうために企業側はかなりの好待遇を提示します。
つまるところ、ヘッドハンティングを受けた人にとっては、今の会社を辞めて新しい会社に行きたくなるということです。
そんな時に問題になってくるのが、いかに円滑に今の会社をやめるのかということです。
そこで今回はヘッドハンティングされた後の上手な会社の辞め方をお教えします。

退職願に書く決まり文句としては「一身上の都合」により退職、ということになるかと思います。
このまま特に突っ込まれることなく辞められれば一番気楽で良いことでしょう。
しかし、ヘッドハンティングを受けるほど優秀な人材です。
今の会社からしてもそう簡単にやめられたくはありません。
口頭でなぜ辞めるのかについていろいろ聞かれることになるかもしれません。
場合によって良いと思われる回答についてまとめました。

あなたはどれを選ぶ?ヘッドハンティングされた後の会社の辞め方

・素直に「ヘッドハンティングされました」

社風や会社の人との関係性によって、すんなりと受け入れられそうな空気があるなら「ヘッドハンティングされたので」と素直に言うのが一番よいでしょう。
今の会社と次の会社の待遇の差について特に思うことがあるならばそれを伝えてしまっても、上司の心情的な理解が得られたり、会社のこれからの待遇改善につながるかもしれません。
しかし、これほどはっきりと言えるのは会社の社風がよほどさっぱりしている時だけかもしれませんね。

・ぎりぎりうそでないうそをつく

転職するにあたって新しい会社の近くに引っ越すという場合もあるかもしれません。
こういった場合は状況を利用して、ぎりぎりうそではない事情をでっちあげてしまうのが良いかもしれません。
具体的には、本当は転職するために引っ越すけれど、引っ越す必要が出てきたのでやむを得ず転職するということにしてしまうのです。
うそではないので後腐れがありませんし、自分の心情としても一番楽かもしれません。

・うその理由をでっちあげる

なかなか辞めづらい雰囲気が漂うときはうそであっても誰もが納得する理由をでっち上げてしまいましょう。
「健康上の理由」として、重い病気にかかった、医師に辞めるように勧められているなど、「家族関係」として、子供の養育に関することや配偶者や親戚の看護や介護をしなければならない、といったどうしようもない理由をでっちあげてしまえば会社側からも辞めないでほしいという声をかけづらくなります。
しかし、気を付けなければならないのはうそがばれないようにすることです。
話している途中でぼろが出てしまわないようにするのはもちろんのこと、辞めた後にうっかりうそがばれるようなことをすれば、会社の人に悪感情をもたれることくらいは覚悟しましょう。

うまく理由をつけて会社をやめて、転職先で成功するとよいですね。