エグゼクティブ転職

エグゼクティブ転職とは?

最近、エグゼクティブ転職という言葉を耳にしたことはありませんか? 
なんとなく意味は分かるでしょう、けれど本当のところどんなものなのかというと、

“管理職の人を管理職としてヘッドハンティングすること”です。

エグゼグティブ転職は若い人ではなくある程度の年齢の方が多いそうです。
40代だと若すぎる、家庭など背負うものも大きいということである程度自由が効く50代からの人材にプロは目をつけるのだとか。
その理由はなんでしょうか?

エグゼグティブ転職の特徴

1:仕事への姿勢に熱意と余裕がある
なんといっても今までのキャリアが豊富ですし、実績もあります。
経験豊富だから仕事への取り組み方に余裕がありますね。そして
“今成果を出さなかったら何のための転職か分からない”
という意地があるのもこの世代の特徴です。
特にITや外資系は「いい子」よりも「結果を出す子」を評価する傾向がありますから、そういう世界に飛び込んで活躍できるのもこの世代ですね。

2:対人スキルが高い
今まで上司に接し、部下を育ててきただけに人との接し方が下手な人はあまりいません。
また、多くの50代が子育てを経験しているため、色々な意味で人と接するのが上手いのではないかと思いますね。

3:決断力がある
いくら魅力的な転職話といっても、「今までと違うところでやってゆけるか」という不安はあると思います。
さらに深刻なのは「奥様が転職に反対されている」場合。
無名の企業を有名にするために必要な人材を集めるのですから、転職話が出た段階では「聞いたこともない企業」であることも珍しくありません。
 
そこで、周囲を説得するのはたとえエグゼクティブといえど至難の業です。
しかし、それができないとチャンスは通り過ぎてしまいます。
「でも、自分がしたいのは○○だから」
と自己主張をはっきり通し、周りを説得できる人ならどんな仕事でも安心でしょう。

以上のような理由でエグゼクティブ転職が増えています。
しかし、50代になっていなくても上記の条件を満たしていれば転職はできるかと思います。
自分らしく頑張って下さいね。