ヘッドハンティング必要能力

ヘッドハンティングされる為にはどんな能力が必要?

有能な人材とは、どのような人材なのでしょう。

現在、企業の大小に関わらず、業績拡大を視野に多くの企業は実務の専門分野に優れ、マネジメント能力のある幹部を欲しがっています。
海外の話だと思っていたヘッドハンティングは、今やいつその声が自分にも掛かるかわからない時代になっています。
一度は、ヘッドハンティングされてみたいと思う人もいる事でしょうが、必要な能力を持ち合わせていることが条件です。

専門的知識が高い

現在の職種における高い専門的能力が必要になります。

社内に置いて高い評価をもらっていても、その評価が社外に通用しないようでは必要な人材にはなりません。

社内独自の技術や独自の方法として、認められている能力であり大きな売り上げに貢献していたとしても、
転職した先で全く通用しないことは有り得ます。

ヘッドハンターが人選するときの専門的能力は、
その会社のみならず対外的に通用する知識・能力として認められるかを重要視しています

部下が一緒に働きたいと思う人間性

ヘッドハンティングされる人材のほとんどが幹部社員待遇になります。

転職した最初から部下がいますから、一緒に仕事をしていくうえで人間関係を良好に築けることは最低条件とも言えます。

この人と一緒に仕事がしたいと思ってもらえないと、ヘッドハンティングした意味がありません。

コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力が無ければ社内外での仕事もうまくいきません。

新しい職場に順応しながら、部下のモチベーションも高められる人間性、精神力の強さが必要になります。

客観的評価と実績

いきなり幹部職員として上司になった人がどんな人かわからないと、不信の目でみられることになります。

それが、社外でも知られるプロジェクトを成功させたとか、経営を短期間で改善させたなどの実績があれば、
周りの人を納得させることが出来ます。

その人も名前は知らなくても業界で有名な成功事例であれば、ヘッドハンティングで転職してきたことも認められるでしょう。

しかし、そのことを自慢のようにしてはいけません。

客観的に自分を評価できる冷静さも必要な能力と言えます。