ヘッドハンティング年齢

ヘッドハンティングされやすい年齢について

ヘッドハンティングは、海外の話だと思っていませんか?

現在、日本でも自社に欲しい人材をヘッドハンティングによって確保しようとする動きが多くなっています。
自社の人事部や求人担当が動くのではありません。

企業が人材紹介会社に依頼することで、ヘッドハンターと呼ばれる担当者が欲しい人材を探しだすのです。

サーチ型と登録型

 
ヘッドハンティングはまさしく「サーチ型」です。

企業から依頼された人材紹介会社が、独自の人材リストや人脈を基にして探し出し、スカウトして転職を促すのです。

野球選手や芸能人のスカウトをイメージすればわかりやすいでしょう。そのビジネス版ということです。

これに対して「登録型」は、すでに転職を検討している人が人材紹介会社に求職の登録をして、
転職先が見つかった時に紹介・斡旋する方法
です。
近年では、この登録型のヘッドハンティング会社も増えてきています。
登録型ヘッドハンティング会社一覧はこちらから
ヘッドハンティング会社一覧

男性の30代と女性の30代 

ヘッドハンティングされるのは、男性ばかりとは限りません。

現在、女性の社会進出も目覚ましく、会社の中で果たす役割も大きくなってきています。
男性部下を持つ女性の30代管理職も少なくありません。

男性の場合は、40代、50代の幹部職員が多く存在しますから、30代のヘッドハンティングもありますが、
その上の年代の方が多く行われています。

しかし、女性の場合は、30代への接触が多く見られるようです。

ヘッドハンティングされやすい年齢

 

実際にヘッドハンティングされやすい年代は30代~50代となっていますが、
30代の約1.4倍が40代であり、1.7倍が50代になっています。

一番ヘッドハンティングされているのが、50代の人になります。

ヘッドハンティングされて転職する場合、今現在の収入や役職よりも上位であることが条件として無ければ転職はしないでしょう。

また、仕事上も自分の価値を認められ新たなプロジェクトや有能な部下を持つことになりますから、
ヘッドハンティングするのにふさわしい経験と専門性、人間的にも魅力ある人でなければなりません。

その意味でも、年齢的に高くなるのでしょう。