ヘッドハンティング魅力

ヘッドハンティングされた時の魅力とは

※ヘッドハンティング:他者から有能な人材をより良い待遇で引き抜くこと

君を見込んでの頼みだ、わが社の力になってくれ!
ヘッドハンティングはビジネス界のシンデレラ・ストーリーといっても過言ではないでしょう。
では転勤してよかった、ヘッドハンティングの魅力とはどんなものでしょう? 
いくつかまとめてみました。

ヘッドハンティングの魅力とは?

□年収アップ 
前の職場よりも給料が落ちてしまうのなら、そのハンティングは失敗する確率が高そうです。それでも条件次第、相手次第では来てくれるでしょうが、普通は前の職場よりも高い報酬を用意するものです。年収が上がるというのはこの不況の中、大きなメリットとなります。

□可能性が広がる
ご自分では特に取り柄と思っておらず、アピールしないままだった長所を拾い出してもらえるのもヘッドハンティングのいいところです。
事務仕事があまり得意でない女子事務員が人とあっという間に仲良くできる・人の顔を覚えるのが得意という理由で人事課に抜擢されたら大活躍、とか。大学生の頃に個人HPを運営していた経験を買われ会社HP作成の仕事に抜擢された、とか。
ヘッドハンティングされたいなら、新しい可能性を見つけてアピールすることも大事なのです。

□もっとやりがいある仕事を
芸術大学を出たのに毎日活字・数字とにらめっこ、そんな人にイラストレーターの会社から誘いが来た、という事例もあります。
彼女曰「以前の会社では実力が発揮できなかった。今度の会社では自分の専門分野が活かせるから決断した」とのことです。

□待遇改善
残業が多い今の会社、たまには子供と夕食をとりたい……そんな人にとっては「残業のない会社だから大丈夫」との誘いは、受ける・受けないは別にして心躍るものでしょう。
残業はほんの一例ですが、今の会社よりも待遇が良い、と思ったら決断の時なのかもしれませんね。

上述の事例は「ヘッド・ハンティングされる魅力」のほんの一例です。
もし、幸運にもチャンスが降ってきたら、断る以外の選択肢があってもいいかもしれません。