ヘッドハンティングメリットデメリット

ヘッドハンティングのメリットとデメリット

ヘッドハンティングとは、有能な人材を見込んで他企業から自社に引き抜くことを言います。
ヘッドハンティングにはメリットもデメリットもあるのですが、具体的にはどんなことでしょうか?

ヘッドハンティングメリット

・待遇が良くなる
・新しい観点から自分を評価してもらえる
・自分の可能性を試すことができる
・新しい環境にチャレンジできる
・社内恋愛ではなくなる

などが挙げられます。
今までのしがらみやマイナス面をすっきり切り捨てることができるのは大きな強みです。
また、一からのスタートにやりがいを感じる方も多いことでしょう。
新しい場所で、新しい実績を積み上げてゆくのは魅力的な面でもあります。

そして、社内恋愛をしている場合。
あなたが他の企業に移れば“社内”恋愛ではなくなります。
それがメリットかデメリットかは人によりますが、社則で禁止されていたり仕事に支障をきたしていたりする場合などは一考の価値ぐらいはあるかもしれません。

また今の時代は、ヘッドハンティングされる事をただひたすら待っているだけではなく、予め登録を行いヘッドハンティングを待つと言う形も増えてきています。
ヘッドハンティングに興味がある方は登録しておいても良いと思います。

ヘッドハンティングの会社一覧はこちらの記事よりどうぞ
ヘッドハンティング会社一覧

 一方でデメリットもあります。

ヘッドハンティングデメリット

・自分の評価が正しく伝わらない
・新しい職場が自分の希望とは違う分野、業種である
・新しい場所になじめない
・以前の会社の人間と疎遠になってしまう

今までの会社とは全く違う場所、だとしたらあなたの今までの業績を新しい職場が把握しきれていない可能性もあります。
そうすると、今までの頑張りが100%伝わらないことも。
また、あなたが希望している仕事を与えられるとは限りません。
自分が本当に得意なのは○○なのに、企業体質が違う、配属部署が違う、などの理由によって活かされない場合もあります。

それから海外ではペアで引き抜くことは珍しくありませんが、日本では一人だけを引き抜くヘッドハンティングがまだまだ多いです。
まるで違う環境に一人放り出されて、すぐになじめるかも問題です。コミュニケーション能力や対人スキルが試されるかもしれません。

以上の点をふまえて、「それでも今の会社に残る」「それでも新しい企業に移る」などの決断をするといいと思います。あなたのより良いビジネスライフを願って。