ヘッドハンティングをされる

ヘッドハンティングをされるには?

今勤めている会社が辛くて辞めたい。
けれど、辞めてもすぐに次の仕事が見つかるのか心配だ。
誰か、自分の力量を認めて仕事に誘ってくれないだろうか?

そんな風に考えている人は、きっと今これを読んでいる貴方だけではないでしょう。
しかし、突然に知らない人に「わが社の仕事をしてみませんか?」と、とても素晴らしい条件を提示されても、喜んで仕事を辞める事はおすすめできません。
そのためにも、一般的なヘットハンティングがどのようにやってくるのかを知っておいた方が良いでしょう。
主に3つの方法からヘッドハンティングがきます。

登録しておいた転職サイトからの連絡

ヘッドハンティングは自分の仕事が認められて勝手に誘ってくると思っていませんか?
もちろん、同業者や知人などから仕事の誘い(ヘッドハンティング)が来る事もありますが実際には少ないのが現実です。
今では登録型のヘッドハンティングが数多くあり、今すぐ転職を考えていなくても登録しておく事によって、良いお誘いがあった時に考え転職するといった事が増えつつあります。
今すぐ転職をする気が無くても、自分はどんな会社から誘いが来るか、今よりももっと良い条件で働く事ができるかを調べる良いきっかけにもなると思います。
有名な大手ヘッドハンティング会社と言えば、ビズリーチですが、その他にも有名な登録型ヘッドハンティング会社もありますのでこちらを参考にしてみて下さい。
ヘッドハンティング大手会社一覧

同業者からのお誘い

あなたが普段付き合いのある方からのお誘い。
これが一番安心できるでしょう。
貴方の人柄、能力等をシッカリと理解した上で声をかけてくれています。

しかし、もう1つだけ贅沢を言うのであれば、
お誘いする会社の方が「あなたが会社を辞めたい」そう思っている事を知っているかどうか?と言う事です。
ほんの些細な事ですが、現在勤務している環境への気遣いが出来るかどうか?で、その人の人柄が良く理解できます。
今後、その方と一緒に仕事をするなら「自分を思いやってくれる人がいる」この事は、あなたにとって強い味方になってくれるでしょう。

知人や友人を通じてのお誘い

自分の能力・技術が評価された!等と言う要素は他の場合と比べ少ないです。

しかし、大きなメリットもあります。
普段からその友人に仕事の話を聞いているなら、会社に対してより正しい評価を導きだす事ができるのです。
なぜなら、転職を考える以前のあなたは友人の話を客観的に判断している筈なのですから。

また、親しい知人・友人からのお誘いであるなら、新入社員ならではの孤独感に不安を感じる事はないでしょう。

最後に
どのようなお誘いにも言えるのは、誘われたから良い条件で雇ってもらえると思ってはいけない事です。
どんな経緯で誘われたにしても、自分で情報を集め、判断し、考えればきっと良い転職へと繋がるはずです。