ヘッドハンティング面接

ヘッドハンティングされた時の面接の服装やマナーって?

念願のヘッドハンティングのお誘い。
面接をする事になったけれど、どんな服装で行けばよいのか?
そんなヘッドハンティング時のマナーや面接での服装についてです。

面接時の服装

皆同じような恰好になってしまう暗黙のルールですが、面接官に聞いたところ余り効果は無いと言う事でした。
しかし、皆が同じような恰好をすると言う事には「無難・安心感」と言う意味があるのです。

スーツ以外の恰好や、少しばかりオシャレなスーツを着ていったからと言って面接に落ちるとは限りません
自分がその恰好をしているのかを「印象良く」説明できればよいのです。
あなたの性格・協調性・想像性・感受性などをふるに発揮し、相手に好ましいと思われる自信があるなら是非チャレンジしてください!

さて、無難な恰好を選ぶにしても、奇抜な恰好を選ぶにしても大切な事は同じです。

・清潔感がある。
・相手に不快感を与えない。

もう一つコツを言うなら、
面接を行う企業を調べ、社員の人がどのような恰好をしているかをリサーチする事です。
社員の方が好んでいるスーツの傾向を選ぶ事で、会社の面接官の方の好みに通じます。

面接時のマナー

ヘッドハンティングされるからには、あなたは社会経験があるはずです。
新卒とは違い相応の常識が必要となるのは当たり前です。
多くのサイトでマナーについて同じような事を語っているため、今回は省かせて頂きますが、社会人としての最低限のマナーは確実に身に着けておいてくださいね。

面接時の質問と注意点

・自分のキャリアは積極的にアピールしましょう
・質問には、答えを先に言ってから理由を述べましょう
・質問の意図が分からないものでも、自分の言葉でシッカリと答えましょう
・経験を活かし、人事担当者の立場・考え方を理解し相手の話もシッカリと聞きましょう
・相手がどんな人材を求めているかを理解し、自分のメリットを伝えましょう

以上の点を踏まえ、どんな変わった質問をされても動揺せず、上に書いたポイントを軸に話をすれば問題ありません。
質問の答えは、常にあなたが持っているのですから、きっと良い結果になるでしょう。