建設業

建設業でもヘッドハンティングはある?

どんな人でも一度ならヘッドハンティングを受けてみたいと思うことでしょう。
「ヘッドハンティングをされたら、今より好条件で雇ってもらえる。」
そんなイメージがありますからね。

ヘッドハンティングは様々な業界で行われていますが、建設業ではどうなのでしょうか?

建設業でもヘッドハンティングはある?

建設業はいつの時代も必要とされてきた業界です。
しかし、数年前に起こった東日本大震災による復興需要。
そして、2020年に開催される東京オリンピックなどますます需要は高くなるでしょう。

それに伴い建設業でもヘッドハンティングは行われるようになっているでしょう。
しかし実際に建設業で働いている人の耳には、同じ建設業で働く人がヘッドハンティングされたという話はあまり耳にしないかもしれません。

世間一般のヘッドハンティングのイメージ

世間一般でヘッドハンティングと聞くと、「ある日突然知らない人から連絡があって他の会社からスカウトがあるという話をされる」というようなイメージが強いでしょう。
確かにこういったヘッドハンティングも行われています。
しかし、こうしたヘッドハンティングで採用されるのはかなり優秀でスペックが高い人だと言えるでしょう。

では、一般的にはヘッドハンティングを受けることはできないのか?というと、決してそうではありません。
最近では、転職支援サービスを使ってヘッドハンティングを受けるという方法が目立ってきています。

先ほど紹介したヘッドハンティングは、「突然知らない人から連絡がある」という特徴がありました。
しかし転職支援サービスを利用する場合は、あくまで自分に転職の意思があり、自分から転職支援サービスに登録して行動を起こす必要があるのです。
転職支援サービスに自分のこれまでの経歴などを登録することで、転職支援会社があなたにあった転職先を紹介してくれます。
転職支援会社は、たくさんの企業から欲しい人材の特長などをリサーチしており、そのリサーチ結果からあなたにあった転職先を紹介してくれます。
つまり、転職先を紹介されたということは、言い方を変えると企業からスカウトされたとも言えます。
建設業での転職支援ならば、やはり求人数が多い
リクルートエージェント
がおすすめです。

これも最初に紹介した方法とは少し異なりますが、ヘッドハンティングと言えるでしょう。
建設業に従事しておりヘッドハンティングを望んでいるなら、こうした転職支援サービスを利用してヘッドハンティングをされる可能性を高めた方がいいでしょう。