悩む

飲食業界でもヘッドハンティングされる事ってあるの?

最近では転職の新しい方法として、ヘッドハンティングが用いられるようになりました。
ですが、巷でよく耳にするのは外資系企業などでのヘッドハンティング。
外資系企業など以外の飲食業でもこういったヘッドハンティングは行なわれているのでしょうか?

ヘッドハンティングの種類

そもそもヘッドハンティングと言っても、2種類あります。
ひとつめはヘッドハンティングをする会社が人材を探している企業から欲しい人材の特徴などをリサーチして、その人物像にあった人間をヘッドハンターの人脈などを総動員して探す方法。

もうひとつは、転職支援サービスを使ったヘッドハンティングです。
転職支援サービスでは、転職希望者がサービスの申し込みをします。
そして転職支援サービスを行っている会社が企業などから欲しい人材の特徴などをリサーチして、サービスに申し込んでいる転職希望者の中から条件にマッチした人を選んで声をかけるのがこの方法です。

ヘッドハンティングと聞くと最初の方法を思い浮かべがちですが、後者の方法でも自分で求人情報を探すよりは良い条件の求人を見つけられることが多いです。

飲食業でヘッドハンティングはある?

果たして飲食業でヘッドハンティングはあるのでしょうか?
答えはYESです。

飲食業というのは、大きく言えば接客業でもあります。
その店の雰囲気や人の入り具合などを見れば、その店で働いている従業員などの能力もある程度把握できます。
店長クラスなどになればなおさらでしょう。
そのため、飲食業でもヘッドハンティングは行われています。
ただしそこまで頻繁に行われているという印象ではないかもしれませんね。

もし「ヘッドハンティングをされて、もっといい条件の環境で働きたいな…。」と考えているなら、見ず知らずのハンターから声がかかるのを待っているよりは、転職支援サービスに登録してヘッドハンティングをされるのを待つ方が賢明でしょう。

実際に飲食業に特化した転職支援サービスは存在しています。

itk転職支援サービス
ワンアンドオンリー
クックビズ

この他にもまだまだあります。
みなさんが想像するようなヘッドハンティングは飲食業の中ではまだまだ少ないですが、転職支援サービスを使ってヘッドハンティングを受ける方法もあるのです。