ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは?ヘッドハンティングの意味って?

ヘッドハンティングとは、簡単に言うと優秀な人材を社外からスカウトする事をいいます。
しかし最近では、企業から依頼を受けた人材紹介会社が、転職希望を求めて自社に登録している人の中から、適合する人材を紹介すると言うシステム構成に変わってきています。

従来のヘッドハンティングとは?

企業が求めている「今すぐに使える才能のある人材」
取引先やライバル社にいる社員で「わが社にもあのような優秀な社員がいてくれたなら」と思える程優秀な人物をスカウトする事が、ヘッドハンティングの始まりなのです。

現在のヘッドハンティングの形が生まれた理由

就職の本来の意味は、どのように良い会社に入るか?と言う事ではありません。
いっそ本当に自分に適した就職先を見つけるまでは、今の会社は自分を成長させる技術や考え方を身につける場所と考えると良いでしょう。

得意な事は率先して、自分を活かしていくと言う考え方を持ちましょう。
出来る事はやる。
出来ない事は出来る人にお願いする。
これも、仕事の一つのやり方ではないでしょうか?
そうすることで、自分を磨いていくと言うのも手段の一つでしょう。

だからと言って仕事に手を抜いてはいけません。
ましてや、人に世話になった際に感謝の気持ちを忘れるなどもってのほかです。
貴方が仕事をサボる人だと、どこから噂が流れてしまうか分かりませんからね。

そのように仕事に対する考え方を変える事ができた先人の働きがあって、企業側の考え方や姿勢も変化してきたのです。
従来の終身雇用制度から能力のある人を必要とする「適材適所」と言う人材戦略を取るようになってきたのです。

雇用の変化が進むにつれて、人材紹介の存在の仕方も大きく変わり始めました。
従来の「登録型の人材バンク」「ヘッドハンティング型のコンサルティング」を融合させはじめたのです。
登録型のヘッドハンティング会社一覧はこちらの記事から「ヘッドハンティング会社一覧

ヘットハンティングとは何か?と私が尋ねられたなら、
貴方が、自分を活かす場所を見つけるためのシステムだと答えるでしょう。