ヘッドハンティング業種

ヘッドハンティングされやすい業種

人材紹介会社にヘッドハンティングを依頼してくる会社や職種は、どんな企業にもあるわけではありません。

また、どの業種でも有能な社員は欲しいのですが、大きなメリットが無ければ企業は高いお金を払ってまで人材を探しません。

人材がもたらす効果「営業職」

ヘッドハンティングで人材確保を希望する企業は、現在その企業が他の企業よりも弱いと考えている部署の戦力アップを念頭に置いいます。

要はその部署の指揮官が欲しいのです。

最もヘッドハンティングされやすい業種は「営業職」になります。

会社に属している営業マンでも、顧客は営業担当者の人柄や専門知識、人間性に惹かれて取引を続けている人も少なくありません。

大手の販売会社や商社などでは、多くの顧客を抱えている営業マンの人脈や情報量は大きな魅力になります。

同系列の商品を扱う他社がヘッドハンティングによって有能な営業マンを引き抜くことは有り得ることです。

この場合は、顧客ごと持っていかれることになります。

企業経営戦略を見極める「経営管理部」

会社の基盤となる経営や管理部門の分析や経営戦略の見定めが出来ていない企業は、
販売や売り上げは好成績なのにも関わらず、どうも経営がうまくいかないということが有りえます。

経営の先を読む力に欠けるのです。

それに気づいた経営者は、現在の人員が育つまで待てません。

そういった時に欲しいのが即戦力として、事業計画や経営分析が出来る「経理・管理部門の部長クラス」になるのです。

会社は異なっても経理や財務、会計などの見方、分析の仕方は変わりませんから、
資料さえあれば経営の良し悪しの指導ができるのです。

この分野の情報源は、取引銀行など金融機関の法人担当者が有功になります。

多くの会社の経営状態に接している事で、有能な人材を知っていて、企業と銀行は持ちつ持たれつの関係でもあります。

即戦力の臨機応変な人材

仕事の上では有能であってもワンマンであるとか、部下に対して人間的に問題がある人は人材になりません。

返って会社に悪影響を及ぼす結果になります。

その職種に長けた人であっても、部下との友好な人間関係を築けない人にヘッドハンティングはありません。