ヘッドハンティング学歴

ヘッドハンティングと学歴の関係

ヘッドハンターによってスカウトされる人材はどんな人なのでしょうか?

ヘッドハンティングする人材紹介会社には、独自の人脈や人材リストがあると言われます。

リストには、その人のキャリアが書き込まれている訳ですから、もちろん学歴の記載もあるでしょう。

中小企業トップと大手企業のトップ

日本の会社の規模はほとんどが中小企業・零細企業で、大手企業と言われるのはほんの一握りにすぎません。

創業者や会社のトップの学歴を見ると中小企業と大手企業では違いがあります。

大手企業の社長や役員クラスはほとんどが有名大学卒業者であるのに対して、
中小企業の場合は必ずしも大卒では無く、高卒、中卒が多くを占めています。

学歴に負けない努力と頑張りで起業し技術を身につけてきた結果になります。

大企業のトップクラスに有名大学卒業が多いのはヘッドハンティングに関係するのでしょうか。

学歴も含めて履歴

ヘッドハンティングされる年代は30代~50代の中間管理職クラス以上の人が多いようです。

管理職になる年齢や学歴はそれぞれの業種、業界によっても異なるでしょうから、
一概に言えませんが、簡単にいえば「頭の良い人」と言えるでしょう。

頭の良い人がみんな大学卒業とは限りませんが、学生時代に身につけている知識や語学などの差はあると言えます。

高卒でも優れた人間性と高い専門知識の経験によって優れた人は多くいます。

しかし、ヘッドハンティングというまだ出合ったことの無い人の価値を知る術は、
その人の履歴や経験、会社に対する功績などで判断することになります。

知識と経験

高校卒業後に就職して知識も技術も身につけて、30年間専門的な職場で部長クラスまで昇進した人と、

大学で経済学や工学部を卒業してから、25年間海外との取引もしながら専門的な分野を広げていった部長クラスと

どちらにヘッドハンティングがかかるでしょうか?

それは、5年の社会経験では取得できない学問的知識を持って社会に出た大学卒業者であろうと考えます。

学歴だけで人を図ることは出来ませんが、社会に出る前に経済社会に対応する基盤がいかに出来ているかが、その人の差に繋がる事の方が多いでしょう。