ヘッドハンティングとスカウトの違い

ヘッドハンティングとスカウトの違いについて

今という時代は、就職活動においてはたくさんの企業に応募しても断られるのが基本で、なかなか就職先が見つからない時代です。
そんななかで「ヘッドハンティング」「スカウト」などと聞くと逆に企業から自分を求めてくれることがあるのかと、実際に転職するかどうかはおいておいても、自分が認められるようなワクワクした気持ちになりますよね。
今回はそんなヘッドハンティングとスカウトの違いについてです。

ヘッドハンティングとは?

まず、ヘッドハンティングとは企業がヘッドハンターに依頼して行われるもので、優秀な人材に対して企業から「うちに入りませんか」と勧誘がかかることをいいます。
すでにある程度の実績を残している幹部などに直接アプローチをすることが多いです。
企業が求める人材というのは能力があって実績を残している人がほとんど。
自分がヘッドハンティングを受けるだけの人材になろうと思うとかなりの能力と努力が必要ですが、一度声がかかれば、転職を希望すればまず間違いなく採用されます。

スカウトとは?

「スカウト」という言葉でまず思い浮かぶのは芸能界のモデルやタレントのスカウトです。
しかし、ここでは企業におけるヘッドハンティングとスカウトの違いについて書きたいので、この意味でのスカウトは除外することにします。
企業が人材を求めるときに使われるのは「スカウトメール」というものです。
就職サイト・転職サイトに登録したときに企業から送られてくるメールなどがこれにあたります。
これも企業側からの勧誘であることに違いはありませんが、条件があった人に送られてくる、といった程度のもので、これに応募したからといって必ず採用されるわけではありません。
名称だけみて「スカウトがきた」とぬか喜びをしてはいけません。企業から求められる能力、条件を持っていることには喜びつつ、気を抜かずに就職・転職活動を続けましょう。

ヘッドハンティングとスカウトの違い、分かっていただけたでしょうか?
転職を考え始めたときに自分からヘッドハンティングされるように動くということはできませんのが、ヘッドハンティングをされる程の人材になることを目指して頑張りましょう。