きっかけ

ヘッドハンティングされるきっかけとは?

長年会社に勤務しているとヘッドハンティングに遭遇する人は意外と多いようです。
ヘッドハンティングの声がかかるろいうことは自分の仕事が評価されたわけですから、
一度は受けてみたい気もしますよね。

ですがヘッドハンティングの声は突然知らない人からかかってくる場合が多いです。
どんなことがきっかけになってヘッドハンティングされるのでしょうか?

ヘッドハンターはどこから情報を得ている?

ヘッドハンティングきっかけ
そもそもヘッドハンターはどんな場所から情報を得ているのでしょうか?
実際にハンターからヘッドハンティングの声をかけられて話を聞いてみると
「え?どうして私のそんなことまで知っているの?その仕事は社外に公表したことはない気がするけど…。」
と思うこともあります。

ヘッドハンターは世の中のありとあらゆるものを使って優秀な人材の情報を得ています。
幅広い人脈の中から優秀な人材の情報を聞き出すこともあれば、社報、四季報などに目を通して情報を得ることもあります。
そのため、ヘッドハンターはあなたが聞いて驚くような情報まで知っているのです。

こういったことから考えるとヘッドハンティングされるきっかけは、本当に様々です。
もちろん仕事の能力が高い必要があるわけですが…。

実際にあったヘッドハンティングのきっかけ

ヘッドハンティング名刺交換
いくつか実際にヘッドハンティングを受けたことのある人のきっかけをご紹介します。

お客さんはハンターだった
ある日、会社にお客さんが来ました。
いつものようにAさんはお客さんの相談を受けながら商品の紹介などをしていると、
「私○○会社のものです。実はAさんををヘッドハンティングしたいという会社があります。
ぜひ、今度お話を聞いていただきたいのですが…。」
とそのお客さんが言ってきたそうです。

お客さんに扮して接触するハンターがいるなんて驚きです。

企業の重鎮の紹介で
Bさんは会社で大きなプロジェクトこなし、その一環として別の会社の重鎮と交流を持つようになりました。
プロジェクと終了の数カ月後、突然会社にヘッドハンティングの電話がかかってきたそうです。
後日実際にハンターと会って、どこから自分のことを知ったのか尋ねると
「○○会社の○○さんからあなたが非常に優秀だということをお聞きしまして…。」と答えたそうです。
その○○さんとは、Bさんがプロジェクトを通して交流を持つようになった別の会社の重鎮だったそうです。
このようにヘッドハンティングをされるきっかけは日常にいたるところに転がっているようです。