内定

ヘッドハンティングされたら必ず内定される?

ヘッドハンティング=自分が評価されている、ということです。
しかし、ヘッドハンティングされた際に一つ気になることがあると思います。

「ヘッドハンティングされたら、必ず内定が出るものなのか?」

今回はそんな疑問にお答えします。

「ヘッドハンティング=内定確定」ではない

ヘッドハンティング内定
ヘッドハンティングをされたということは、ッドハンティングした企業側が大なり小なりあなたを評価しているということです。
しかし、それは決して内定確定だというわけではありません。

そもそもあなたがどういう経緯でヘッドハンティングされたと思いますか?
ヘッドハンティングされる場合の多くが、ヘッドハンティング会社のハンターから声がかかります。
ハンターは様々な自分が持っている情報や人脈などを駆使した結果、あなたを見つけ出したのです。
しかし、あなたを見つけ出したからといってあなたの全てを知っているわけではありません。

あなたの仕事の実績や能力は、四季報や人脈などを使って優秀なものだと評価しているかもしれません。
しかし、仕事に必要なのは実績や能力だけではありません。
やはり、その人の人柄なども大切になってくる部分でしょう。

つまりヘッドハンティングした時点では、あなたのすべてを把握しているわけではないのです。
そのため、ヘッドハンティングされて企業の人事や社長などと会って話してみて、もし企業側があなたにマイナスのイメージを持ったりしてしまえば、
内定はもらえないかもしれないのです。

しかし、確実に普通に就職活動や転職活動をした場合と比べれば、ヘッドハンティングのほうが内定を出してもらえる確率はかなり高いでしょう。
ヘッドハンティングをされた時点で、あなたは面接等で使える強力な武器をひとつ手にしていることになるのですから。

ヘッドハンティングをされたとしても、実際に就職活動や転職活動のときに行ったような面接をしたり、企業の人事や社長と会ってお話をしたりします。
その際に、あなたが本当に企業にとって本当に必要な人材なのか判断されるのです。

「ヘッドハンティング=内定確定」ではありませんが、あなたが評価されていることは事実です。
ヘッドハンティングの場合は、内定が取れなかったとしてもあなたが失うものはせいぜい時間くらいのものです。
ハンターと会って話した時間や面接などに費やした時間など…。

もしヘッドハンティングの内容があなたにとって魅力的なものなら、臆せず行動するべきです。