ヘッドハンティング成功

ヘッドハンティングでの転職成功例!

世の中では最近ヘッドハンティングでの転職が目立つようになってきました。
もしかしたら、あなたの隣に座っている人にもヘッドハンティングの声がかかっているかもしれません。
もしかしたら、これを読んでいるあなた自身にもヘッドハンティングの声がかかっているかもしれませんね。

ですが、気になるのはヘッドハンティングによる転職は本当に成功するのか?という点だと思います。
通常の転職はどちらかといえば自分から「積極的」に動いて転職活動をします。
しかし、ヘッドハンティングはどちらかというと「受け身」なイメージがありますよね。

こういったイメージもあるので、ヘッドハンティングによる転職に一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか?

今回はヘッドハンティングによる転職の成功例をいくつかご紹介したいと思います。

自分の経験をフルに生かした転職

ヘッドハンティング転職成功者のAさん。
Aさんは製薬会社に長年勤務しており、自らヘッドハンティングの会社に登録をしてハンターから声がかかるのを待ちました。
ハンターから実際に声がかかったのは登録から1ヶ月ほど経ったときのこと。

違う製薬会社へのヘッドハンティングで、年収は150万円ほどアップ
役職は前の会社では係長でしたが転職先では課長としてのポストが用意されていました。

条件的にも本人の希望にあっていたので、すぐに具体的な転職に行動を移したそうです。
ただ、こういった条件以上にAさんが喜んでいたのは、ヘッドハンティング会社への登録時にアピールしていた点を転職先に評価されていたことでした。

Aさんは、長年勤務した製薬会社で培った医薬品に関する知識が豊富だったことはもちろんですが、
それ以外にも外資系企業での経験もあり、その点をアピールしていました。

ヘッドハンティングの声がかかってから実際に転職先での面接を行ったところ、
「外資系でどれくらきの経験があったのか?」「どれくらいのレベルの仕事をこなしてきたのか?」
ということを念入りに聞かれたそうです。

実際に転職が決まり、新しい製薬会社で働きはじめるとこれまでの経験を様々な場面で活かすことができ、
以前にもまして仕事が充実したそうです。

年収もアップして役職もあがり、そのうえ以前の職場では活かしきれなかった自分の経験を思う存分発揮できるようになり、
「ヘッドハンティングを利用して本当によかった!」と語っています。

今回紹介したのは、「自らヘッドハンティング会社に登録をした」成功例です。
ヘッドハンティングが増えてきたとはいっても、これまでの自分から積極的に動く転職活動と比べると
数としてはまだまだ少ないでしょう。
しかし、けっして臆病になることはありません。
ヘッドハンティングを利用して転職を成功させている人も現実に数多く存在するのです。