ヘッドハンティング多い業種

ヘッドハンティングが多い業界は?

世の中で注目されているヘッドハンティング
自分も大手にヘッドハンティングされて、今よりもっとたくさんの収入を…。
そんな風に考えている人も多いでしょう。

今回はヘッドハンティングが多い業界をご紹介していきます。

ヘッドハンティングが多い業界

それではひとつひとつ紹介していきましょう。

・IT業界
IT業界は他の業界と比べれば歴史自体がそこまで長くはなく、成長業界と言われていました。
2008年以降業界の伸び率は鈍化していますが、それでも緩やかに増加しています。

こういったIT業界では、多くの会社が成長のために優秀な人材を求めています。
また、業界の離職率が高いこともあり常に売り手市場になっている印象があります。

・建築、建設、土木業界
この業界はリーマンショックで大きく年収が下がってしまい、業界全体が冷え込んでいました。
しかし、東日本大震災の影響により需要が大きく増えました。

これに伴いこの業界でのヘッドハンティングも盛んになってきているようです。

・金融業界
金融業界でのヘッドハンティングも盛んにおこなわれているようです。
ただし、最近では未経験者を対象とした採用はどんどん減ってきており、即戦力を求める経験者採用が非常に多いです。
ヘッドハンティングはなんらかの特化したスキルや経験を評価されるものです。
そのため、金融業界でもヘッドハンティングが盛んにおこなわれているのではないでしょうか。

今回紹介した業界以外にもヘッドハンティングが多い業種はあります。
最近ではヘッドハンティングが行われる業界がどんどん増えてきました。

同じ業界の中でのヘッドハンティングはもちろんですが、異業種からのヘッドハンティングも増えてきています。
それだけ、さまざまな経験を有している人材を会社が求めているということかもしれませんね。

登録型のヘッドハンティング会社もひとつの業界に特化した「特化型」というものも存在します。
自分が希望する業界に強いヘッドハンティング会社を選んで、自分の活躍の幅を広げるといいでしょう。