ヘッドハンティング電話

電話でヘッドハンティングされたときはどうすればいい?

会社に突然見知らぬ人から、ヘッドハンティングの電話がかかってきたことはありませんか?
最近以前にもまして、ヘッドハンティングが盛んになってきているようです。

簡単に言えば「あなたを欲しがっている会社があるけど、よかったら転職しませんか?」というお話です。
とは言ってもいきなりそんな話を見知らぬ人から電話で言われても困りますよね。

ではヘッドハンティングの電話が突然きたときはどうすればいいのでしょうか?

直接会うことは危険なこと?

そもそもこういった電話があった場合直接会ったりしても危険ではないのでしょうか?
こういったヘッドハンティングが詐欺という可能性はそんなにありません。
それに直接会っただけで詐欺に巻き込まれるわけじゃないですからね。

つまり、もし興味があるのならヘッドハンティングの電話がかかってきたらその話を詳しく聞いてみるのもありということです。

ヘッドハンティングで自分の価値を知ることができる

あなたは自分の価値や評価というものを気にしたことがありますか?
誰でもこれは気になることですよね。

ですが会社で働いていると社内での自分の評価を知ることはできても、社外での評価を知る機会はなかなかありません。
ヘッドハンティングは社外での自分の評価を知るチャンスなのです。
仮にあなたが社内でそこまで高い評価を得られてなかったとしても、
実は社外では十分通用するほどの実力を持っていたというケースもないわけではありません。

ヘッドハンティングの電話が来たということは、大なり小なりあなたの仕事の実績などが評価されているということなんです。

結局電話がきたらどうしたらいいのか?

ヘッドハンティングの電話がきたら、その時点で転職に興味がなくても電話や直接会って詳しい話を聞いてみるといいかもしれません。
詳しい話を聞くことで、今まで知らなかった自分の評価を知ることができますし、もしかしたら非常にいい条件で転職ができるかもしれません。
直接会ったり詳しく話を聞かせてもらったからといって、必ず転職しなければいけないというわけではありませんからね。

今のご時世、思うような給料がもらえなったり将来に不安があったり、様々な悩みを抱えている人も多いことでしょう。
もしヘッドハンティングの電話がきたら、積極的に話を聞いてみるといいでしょう。