ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは?

みなさんはヘッドハンティングという言葉をご存知ですか?

ヘッドハンティングとは、俗にいう引き抜きのことですね。

「実はこの前あの会社にヘッドハンティングされちゃってさぁ。」
人生で一度はこんなかっこいいことを言ってみたいものです。

実は現在このヘッドハンティングが転職のきっかけになっているという人が、昔と比べて徐々に増えてきているみたいなんです。

今回はこのヘッドハンティングについてご紹介します。

ヘッドハンティングの種類

一言で「ヘッドハンティング」と言ってもその方法は大きくわけて2種類あります。

登録型ヘッドハンティング
登録型ヘッドハンティングというのは、ヘッドハントを希望している人が自分で人材バンクに登録をします。
そして、人材会社が登録されたヘッドハント希望者の中から条件にあった人材を見つけ出し、声をかけるものです。

サーチ型ヘッドハンティング
サーチ型ヘッドハンティングとは、企業から指名された人材に直接声をかける、
もしくは企業が求める人材を様々なネットワークや人脈を駆使して探し出し、直接声をかけるものです。

そのためサーチ型ヘッドハンティングの場合は、突然見ず知らずの会社から電話がかかってきたります。
世間一般のヘッドハンティングのイメージは、どちらかというとサーチ型のほうが近いかもしれませんね。

登録型ヘッドハンティングとして有名な会社

登録型ヘッドハンティングは自ら行動を起こす、つまり人材バンクに登録をすることになります。
いくつか登録型ヘッドハンティングとして有名な会社をあげておきます。

ビズリーチ
レイノス
サーチファームジャパン
イーストウエストコンサルティング
プロフェッショナルバンク
クライス&カンパニー

以上のような会社が登録型ヘッドハンティングとしては有名です。

登録型ヘッドハンティングに登録しておけば、条件さえマッチすれば人材会社からあなたにオファーが届きます。
もしも少しでもそういった希望があるのであれば、登録だけしておいて声がかかるのを待つのもひとつの手かもしれませんね。