ヘッドハンティングと引き抜き

ヘッドハンティングと引き抜きの違いについて

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、会社の経営者や幹部それに準ずる役職等の会社で優秀な人材として働いている人を外部からスカウトすることで他の会社に引き入れることを言います。
また、ヘッドハンティングは会社側から依頼を受けた『ヘッドハンター』によって行われる事が多いようです。
ヘッドハンターは、派遣の社員であることが多く、会社での優秀な人材を見抜くプロと言われる方のようです。
ヘッドハンティングは、ヘッドハンティングを行う前に会社側から一定量の金額を受け取って行われる場合と、ヘッドハンティングの結果に応じて成果報酬を受け取る場合とがあるようです。
歴史を紐解くと、欧米などでよく行われてきたようです。
日本においては、外資系の会社が優秀な人材を獲得するために行っていたようですが、日本の企業においてもヘッドハンティングのノウハウを活用している会社もあるようです。

引き抜きとは

引き抜きとは、同業種などのライバル企業などにスカウトを受けて転職する事を一般的に言うようです。
日本では、数十年前のバブル経済期に盛んに行われていたみたいです。
引き抜きをした会社側は、即戦力のある人を雇える事がメリットで、顧客や以前の会社の情報についても知る事が可能となります。
しかし、引き抜かれた会社(社員を失った会社)としては、即戦力を失い会社の活力や以前の同僚のモチベーションを下げてしまう可能性も孕んでいるようです。

ヘッドハンティングと引き抜きの違いとは

諸説あるようですが、『引き抜き』は会社の役員だけでなく、一般的に言われる(役職に就く前の優秀と言われる社員)の転職の事を言い、『ヘッドハンティング』とは、会社の役職であり(他社でも有名な実力派)お金を支払うことで勧誘・説得し、転職をするように話をすすめていき、転職に至ることを指す事が多いようです。
ヘッドハンティングと引き抜き共にそれ(ヘッドハンティング・引き抜き)を仕事としている人に報酬を支払う場合も多々あるようです。

最後に

日本の企業でも行われることがあるようですが…。
他社に移るということで、友人や信頼を失ってしまうデメリットもあるようです。
しかし、高収入と信頼を得られたという人もいるようですよ。とにかく、十分に検討して納得をした転職をすることが望まれるようですよ!

以上、ヘッドハンティングと引き抜きの違いとは?でした。