ヘッドハンティング条件

ヘッドハンティングの条件交渉について

ヘッドハンティングされたら、どんな条件ならば今の会社を辞めて転職しますか?
ヘッドハンターからスカウトされた時点で、有能な人材であると認められています。

ほとんどの場合は、転職により収入アップと管理職の地位が保障されるでしょうから、
転職する予定でいたならば良いチャンスとなるでしょう。

収入面を考える

現在の収入に満足しているかいないかでも異なるでしょうが、ヘッドハンティングでの転職には、まず収入の提示があります。

この時に現在と同等以下ということは有りえないでしょうが、例えば1.5倍をいきなり要求したり、賞与の金額で交渉したりと数字を明確にすることは危険を伴うことにもなりかねません。

収入の大幅アップは、社内における役員や社長の収入を上回ることは出来ないのですから、ごね過ぎることは禁物です。

「カネばかり」気にする人間だったと見られてしまったら、ヘッドハンティングによる転職はうまくいきません。

その場合は、「〇〇のプロジェクトを成功したら△△をお願いします。」と言うように、成功報酬を交渉の場に載せます。

幹部職としての地位

ヘッドハンティングされる人材は、部下を持つ管理職になることがほとんどですから、その地位を明言してもらいましょう

また、業績アップを実現した時は、昇進の約束なども可能になるでしょう。

条件交渉で自分に有利になればなるほど、仕事での成果を出さなければならない事に繋がります。

失敗が許されない状況に追い込むことになってしまいます。

交渉はお金と地位だけでは無いことを考えて冷静に対応しましょう。

福利厚生での利益

お金や地位だけではない利益を交渉する手段があります。

家賃の会社負担分の交渉社有車を使用する権利、また、業務に有効な語学研修に必要な費用と時間の確保など
所得税として課税対象の問題が発生しますが、検討する必要は大いにあります。

語学研修やキャリアアップの為の講義参加費用などは、会社全体の問題として提議し、
交渉することで会社全体のモチベーションアップにもつながります。

ヘッドハンターが信用できると感じた場合は、交渉の相談者として利用する事も良いのではないでしょうか。